五月人形で昔ながらのお祝いをしよう|伝統を重んじる

昔ながらの遊びを再評価

親子

もともとはお正月の贈り物

羽子板は、板で羽根のついた玉を突き合う遊びです。バドミントンと似た遊びですが、工夫をすれば二人以上や人数が奇数でも遊ぶことができます。そのため、子供の創意工夫を養うのに役立つでしょう。また、一人で遊ぶこともできます。羽根を落とさずに一人で突き続ける「つき羽根」という遊びです。つき羽根は、バランス感覚を養うのに役立ちます。羽子板は、安全面でも現代向きと言えます。羽根はバドミントンよりも飛ばず、狭いスペースでも十分に楽しむことができるのです。マンションや都会暮らしの子供でも取り入れやすく、また大人の目の届くところで遊びやすいでしょう。このように現代の子供にも向く様々な理由があり、羽子板は見直されています。人気のキャラクターがプリントされた羽子板もあり、子供は大喜びするでしょう。

プレゼントにもぴったり

羽子板を購入しようと考えている多くの方は、店頭まで買いに行くことが多いと思います。しかし、その中には自宅の近くに羽子板を売っているお店がないところもあるでしょう。そのような家庭には、通販サイトでの購入をおすすめします。パソコンかスマホを利用すれば、簡単にサイトにアクセスすることができます。そこでは、扱っている羽子板を一覧形式で見ることができるので、お子さんやお孫さんに合ったものを選ぶことができるのです。また、羽子板の写真やサイズ、値段が一緒に表記されているので、画面上からでも具体的なイメージができます。注文して早ければ数日で自宅に届くでしょう。

伝統ある行事

日本では昔から男の子の日に五月人形を飾り、その子の成長を家族で喜んでいました。その伝統は今でも受け継がれており、五月人形を求める人は多くいます。

Copyright © 2016 五月人形で昔ながらのお祝いをしよう|伝統を重んじる All Rights Reserved.